高岡の歴史と技 高岡の歴史と技

「機械化された鋳物工場(大正3年)」(高岡市立博物館提供)

400余年のときを刻む伝統の技

高岡の歴史は、慶長14年(1609)、加賀藩二代藩主・前田利長が高岡城の城下町として開いたことから始まります。開町から2年後、利長は産業を振興させるべく、近郷から7人の鋳物師(いもじ)を招き、金屋町に鋳物工場を設けました。当初は、鍋・釜などの日用品や鋤(すき)・鍬(くわ)等の農具を作っていましたが、時代のニーズに合わせて多様な製品を作るようになり、高岡は鋳物のまちとして知られるようになります。やがて、高岡でつくられる金工品は「高岡銅器」と総称されるようになりました。

「機械化された鋳物工場(大正3年)」(高岡市立博物館提供)

職人から職人へ繋ぐ匠の技

高岡銅器は、原型の製作に始まり、原型を基に砂や蝋などで形づくる鋳型の製作、鋳型に溶解した金属を流し込む鋳造、溶接、研磨などの仕上げ加工、着色や彫金などの加飾を経て一つの製品が完成します。それぞれの工程は分業化されており、いずれの職人も、他社には真似できない卓越した技術を持っています。高岡の鋳物づくりは複数におよぶ職人たちの技の掛け合わせによって完遂されているのです。

高度な鋳造技術と繊細な仕上げの技

金属材料を熱し、液体にした後、型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法を鋳造(ちゅうぞう)といいます。加飾を施す前の生地(きじ)は、一つ一つ、職人の手により型を成型し、鋳造し、仕上げられます。職人から職人へと受け継がれてきた高度な鋳造技術や繊細な仕上げの技術。それにより誕生した生地は、加飾の職人の手が加わることにより、製品となるのです。

加飾により完成する逸品

高岡銅器の名声を高めた要因のひとつは、加飾の技術です。長年にわたり、幾多の職人が新しい技法を創案してきました。明治期の万国博覧会では数々の栄冠を獲得するなど、その優れた技法によって表現される美しさは世界を驚かせました。 彫金、象嵌、腐蝕、そして、鋳物生地の表面に様々な技術で色をつける着色。無数の仕上げの技法により生地に命が吹き込まれます。

くらしを彩る真鍮の美

真鍮とは銅と亜鉛の合金であり、紀元前1000年頃から用いられています。古代ローマ帝国では通貨として使用され、日本でも奈良時代に中国から伝来した真鍮製品が正倉院に納められました。身近なものでは五円玉や、インテリア、建築金物の他、澄み切った音色から仏具や楽器の材料としても愛されています。技と心意気が詰まった真鍮の逸品は、くらしを上質に彩ります。