「千変万化の無限色。」

職人インタビュー

職人インタビュー
「千変万化の無限色。」

Orii折井 宏司Koji Orii

伝統工芸士。1970年 富山県高岡市生まれ。
高岡銅器の着色を幅広く手がける「モメンタムファクトリー・Orii」代表取締役。前身である老舗「折井着色所」の3代目として高岡に生まれ、東京でIT関連の仕事に従事するが26歳で家業を継ぐため高岡へ。伝統的な着色技法を応用し銅板・真鍮板へ新たな発色を確立し、インテリア・エクステリア建築建材やクラフト作品など様々な分野に提案を広げている。現在では新たにファッション分野も展開しオリジナル製品を発表している。

HISTORYこれまで

400年の伝統に培われ、高度な鋳造技術が集積する町、富山県高岡市。
モメンタムファクトリー・Orii(オリイ)は、昭和25年に折井着色所として創業以来、当地の伝統技術を受け継ぎ、仏像、梵鐘、茶道具や美術工芸品に至るまで、さまざまな鋳造品の着色を手がけてきた。「着色」とは、塗装ではなく、銅や真鍮が持つ腐食性を利用し、薬品や炎をコントロールして、鮮やかな色彩を発色させる伝統技術。
Oriiは鋳造品でしか表現できなかった伝統着色技法を発展させ、1mm以下の薄い銅板への発色を成功させた。銅や真鍮から引出される本物の色彩にこだわり、可能性を追求し続けてる。

FUTUREこれから

銅という素材が絵の具のペインティングではなく、薬品や熱のコントロールなどの采配によって七色どころか何十種類もの色が化けて出てくる。そしてそれが最終工程の仕上げになる。びっくりするような色が出てくる事が銅の色を付ける魅力だと語る折井。
今現在、少しずつインテリアや建築業界にも広がっているこの銅の魅力。今後の目標は、まだ銅の魅力を知らない人に、金属の銅がこんなにも多彩な色が出る魅力的な金属だという事を知ってもらうこと。新しいことが普通になっていくようにしていきたい。スタンダードになっていきたい。「銅といえば高岡なんだよね」「この色といえば富山なんだよね」とみんなが分かる状況になっていきたい。
更にファッションの方でもOriiの柄を使った生地でパリコレのファッションイベントで使って貰いたいと思っている。
それも最終的には高岡銅器や高岡の伝統産業を発信するため。折井の更なる挑戦に期待が高まる。


PRODUCTS製品

  • そろり − ミニ
  • 風鈴 − ホルン
  • ハイヒル
  • 香の器 − 獅子セット